え?あなたの美容液、それでいいの?せっかくの美容液が効果なし?

美容液美容・コスメ

毎日のお手入れに美容液は使っていますか?
ただなんとなく「美容液」って書いてあるから使ってる・・・なんてことはありませんか?
美容液にはそれぞれ目的があって、目的別の美容液を選ばなくてはなりません。
また、使い方も間違っていたら高価な美容液が全く意味がないのです!

美容液、あなたは間違っていませんか?

美容液って
肌は甘やかしたらダメ。
若いしまだまだ美容液は使わなくていいわ。

美容液は、タイプ別のお肌の悩みを解決してくれるための有効成分が高濃度に配合されているのです。

美容液を使うことは、肌を甘やかすことではなく、よりよい肌に育てることなんです。
美容液って
これ1本でOKの多機能美容液を使っている。

保湿も美白もコレ1本!
多くの成分を一つに配合したものは、成分同士が反目し合って、それぞれの効果が弱くなることもあるんです!

美白なのか、保湿なのか、美容液は目的別に選びましょう。
美容液って
高価な美容液だから、もったいなくてちょっとづつしか使わない。

適量を使うことで効果がでるようになっています。

高いからといってケチってはダメ。
美容液って
美白美容液でシミがと薄くなるかな?
日焼けでできたシミは沈着してしまうと、もう化粧品の手には負えません。

シミ部分だけに塗っても効果はありません。

美白美容液は予防目的として1年中使うのが正解。
美容液って
しっかり浸透するようにこすりこんでいる

お肌をこするのはタブーです。
美容液は美容成分を高濃度に配合されているので、すりこんだりするとトラブルのもとにも。

肌にそっとのせるようにして使いましょう。

美容液の種類と特徴

美容液

保湿美容液

肌内部の水分を抱え込んで潤いを逃がさずキープする成分が配合されています。
キメの整のった滑らかな肌を育てます。

有効成分

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、レシチン、スフィンゴ脂質…など

美白美容液

シミ・ソバカスの素となるメラニンの生成を抑えたり、できてしまったメラニンの排出を促します。
シミ予防に顔全体に1年中使うのがいいでしょう。

有効成分

ビタミンC誘導体、アルブチン、エラグ酸、トラネキサム酸、ルシノール、カモミラET、油溶性甘草エキスなど

アンチエイジング美容液

肌のハリや弾力の素となるコラーゲンやエスラチンを増やしたり、活性酸素から守ったりします。
シワやたるみはできてしまってからの改善は難しいので、できれば早い時期から使ったほうが将来のための予防になります。

有効成分

レチノール、ナイアシン、ポリフェノール、ビタミンC誘導体など

美容液を選ぶときは、しっかりと有効成分をチェックしましょう!

どれを選んだらいいかわからない・・・という人は
まず、基本にセラミド配合の保湿美容液を!

さらに美白やアンチエイジングという場合には、保湿美容液にプラスして使うのがいいでしょう。

美容液の正しい使い方

適量を手のひらにとって、両手の手の平で広げます。
両手を使って顔全体に広げます。
Tゾーンは手のひらに残っている美容液をそっとなじませます。
仕上げは手のひらで押さえて全体になじませます。

決してこすったり叩いたりしないこと!

まとめ

美容液というと、10代、20代には必要のないものと思いがちですが、若いころからちゃんと美容液でケアしているのといないのでは、5年後、10年後が違ってきます。
私は10代の頃からずっとアイクリームを使ってきましたが、そのおかげか、小じわは少ないと思います。
美白美容液もシミができてから使うのではなく、普段から使っていることで、シミを予防することができるのです。

こちらの書籍を参考にしています。
出典:吉木伸子 スキンケアの教科書 西東社

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけるとと励みになります♪↓↓↓